ハケンアニメ!
辻村 深月
マガジンハウス
2014-08-22


久しぶりにじっくり小説読みました。
デビュー作から幾度と無く、驚愕、ドキドキさせられてる辻村深月さんの本です。

アニメ制作会社の話・・・というとSHIROBAKOが浮かびますが(笑)

表紙にある3人の女の子が主人公の三話構成です。

同クールにある2本のアニメ・・・製作プロデューサーさん、ライバル作品の監督さん、そして両作品の原画を描かれている原画家サン・・・。
2タイトルの視点から始まり、どちらにも関わる人を仲介にみんなが集まってくるのは圧巻でした。
フィギュアメーカーや声優、アニメ雑誌社、聖地巡礼の観光課さんも交えたりでアニメ制作の幅広くに関わる人達を描いています。

辻村さんの作品は、人間関係の描写がほんと秀逸で、ちくりと胸が傷んだり、本気で憎らしく思ったり・・・・ 人間不信に陥りながらも、やっぱり人間の情も思い出させてくれたり、「好きなもの、こと」の誇らしさを掲げてくれる作品が多いのです(〃▽〃)

三谷幸喜さんのように「カメオ出演」があるのも嬉しいです。
スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)スロウハイツの神様(上) (講談社文庫) [文庫] の小説家チヨダコーキがちょこっと出てるのです。
チヨダコーキが劇中で描いたという小説V.T.R. (講談社文庫)V.T.R. (講談社文庫) [文庫] もスピンオフ作品で出てるので、いろいろ繋がって楽しいのです。

ちょこちょこ既存アニメ作品名も挙げられてますが、この作品以前にも辻村さんはいろいろアニメ等を引用していたりします。
考察やら印象を描くのではなく、ほんとうにさりげなく・・・。

凍りのくじら (講談社文庫)凍りのくじら (講談社文庫) [文庫] では、藤子・F・不二雄先生をキーワードに、目次もすべて関連単語・・・。
お話もすきだけど、この方の作品の作り方、演出が好きです♪

最近は忙しくて読書出来なかったけど、久しぶりにゆっくり読んで、心にぐさっ☆と来たり、何気ない一言ではらはら涙したりしていました。