舞台弱虫ペダル千秋楽公演を全国の映画館でライブビューイングするというので、事前にチケット申し込みして行ってきました!ヾ(@^▽^@)ノ
舞台『弱虫ペダル』箱根学園篇〜野獣覚醒〜 The Beast on the Road. 
http://www.marv.jp/special/pedal/
ライブビューイングは銀英伝舞台についで2回め!
今その場でリアルに公演が行われているのにスイッチングされたきれいな映像で見れるという不思議です。
・・・あれ?でもMOSAIC.WAVのライブのニコ生配信もそういうことだよね@w@
自分では見れないけど・・・。
写真 2014-11-03 16 41 18
映画館には全くポスターとかもなく、入口もカラープリントのロゴだけでした。
1回限りの上映だし、前売り抽選チケットだから必要ないのかもしれないけどちょっとさみしぃ・・☆

箱根学園篇なので、内容はインターハイ2日め終了の夜と回想シーンで構成されてて、箱根学園のアラキータさん(荒北さん)がメインのお話です。
でも金城さんと鳴子くんの総北サイドのエピソードもあったり、御堂筋くん水田くんの京伏サイドの話もあったり・・・。

どのキャストさんも、原作、アニメを見ているワタシでも納得なキャラの作り込みでびっくりです。
荒北さん、福富さんなんかは舞台終了してカーテンコールのときなんかは素の柔和なお顔なのですけど、本編では険しいお顔で闘志まるだしです。
荒北さんはよく原作やアニメでも見る、片目づつ大きさがちがう表情、三白眼、左右ひねったような口角、大きいお口、ほんとうにそっくりでしたよー!!
レース後のアップなどは汗だくだくで、すごく臨場感ありました。
・・・でもカーテンコールのときはすごく品のよさそうなきれいなお顔立ちなのですよ・・不思議です☆
達成感にあふれた笑顔はきらきらと素敵で全身で感謝のオーラが出て、こちらも幸せになる笑顔でした♪
 
パズルライダーさんとよばれるアンサンブルキャストさんが、車輪を持って自転車の形状を表現したり、ときには本人自ら自転車になったり・・・擬人化がかわいらしいポイントでもあります♪
ハンドルしかない、というので話題になっていますが、ほんとうにそんなこと気にならなくなってきました。

作者の渡辺先生が会場に見に来ているのをネタにしたり、脚本も原作をよく見ているなあって感じで、いろいろなエピソードを練り込んで1本につなげている構成力もすごいなあ・・・と・・
・・・あれ?そういえば、以前観た「銀英伝」の舞台化も西田シャトナーさんでしたよね・・・・@w@

出演者さんはテニミュや戦国鍋TV出演者さんも多く・・・
テニミュの出演者さんは後にミュージカルでも活躍される方も多いので、 後に帝劇他でお見かけ出来るかもしれません(〃▽〃)たのしみー♪

写真 2014-11-03 22 10 29
映画館のロビーにコマさんとロボニャンのグッズがあったので買ってしまいました(〃▽〃)
立体コマさんもあったのですがおねだんしたので諦め☆