あるとき、「うーん、肩が凝ってるなあ・・」とみ〜こさんが起きると、ロボになっていました
「あらっ!顔色が悪い!?・・・まあ、なんとかなるでしょう」
そのまま普段通りに生活しました。
「み〜こ、なんか今日はおとなしいね」
「ソウカナア?ソンナコトナイヨ?」
mikorobo

そんな1日を過ごし、翌日目を覚ますといつもどおりのみ〜こさんです。
「なーんだ。夢かあ。」と部屋を見合わたすと・・・・
やや口数少ないみこロボが立っていました。
「・・・・?夢じゃなかったんだ。まあでも人手が増えるのはいっか。」
なんとも楽天的にみ〜こさんはみこロボを小間使いとして使うことにしました。

み〜こさんはみこロボに趣味の手芸やお絵描きを見せるとみこロボも興味を持ちました。
しかしみこロボ。さすがは直線だけのフォルムです。なかなか動作がゆっくりです。
「デモタノシイ」
みこロボも楽しく製作しているのでした。
「せっかくみこロボが作ったものをいろんな人にも見てほしいね」
ふたりは話し合って、作ったアイテムで「みこラボ」というお店やさんをすることにしました。


・・・というくだりがあったかどうかはわかりませんが、 いろんな制作物を「みこラボ」というシリーズ?で、まとめることにしました。

mikorabo
 http://miko2.com/mikorabo.html


うなぎさんたちやいろいろ、ハンドメイドやイラストやらやってみたいと思います>w<