前述のとおり仙台に行って来ました。
2日目に予定があったので、前乗りして1日目に津波の被害にあった場所に行ってきました。

大きな地図で見る

仙台から 電車で数駅。名取。ホントはここから仙台空港に行く電車があるのですが・・・
 
IMG_6194不通になってます。
とりあえず名取までいくと空港までの臨時バスがあったのですが・・・
タクシーで海岸方面まで行ってもらうことにしました。

運転手の方が親切にいろいろおはなしを聞かせてくれました。
この歩道橋の上に何十人も乗って助かっていたよ・・・とか、ここは何屋さんだったんだよ・・とか。

運転手さんはその日おやすみで おうちで地震にあったそうだけど、この辺にあったタクシー会社の建物は1Fが津波でやられて車も流されてPCやら事務用品もダメになっちゃったそうです。

IMG_6223IMG_6221もう大分片付いたけど、もっと残骸ひどかったよ。自衛隊さんがすごい頑張ってくれてたよ・・って。

タクシーの中から。
道端の田んぼに突如船があったりするのです。

船や車もぐしゃぐしゃに丸めた紙くずみたいになっていて、水の力の強さに驚きました。

IMG_61961階部分は鉄骨だけ残って、2階部分は無事・・・というおうちもいっぱいありました。
沿岸の一番ひどかった地帯に、ほかはもう建物撤去してるのに、すごく立派なおうちが1階部分だけ流されたまま残ってて・・・運転手さんいわく、多分撤去の確認をとれる人物と連絡がつかないんだろう・・・・と・・。
おうちがいつまでも帰りを待ってるみたいで悲しかったです。

たくさん緑が残ってるようにみえる草木も、潮水に使っちゃったからもう枯れだけだろうね・・・って・・・。

IMG_6200IMG_6197
途中、何度か車をとめて降ろしてもらいましたが・・・・
生活用品がいくつか残ってるのですよ・・・。大半のガレキは撤去してかなりまっさらな更地になったって言ってたけど・・・。
おうちの人が帰ってきたときに居場所がわかるようになのかな・・・

IMG_6205IMG_6201
鳥居がある高台で見渡せる場所があるというので連れていってもらいました。
慰霊碑もあり、見渡すとこれから大型施設を作る工事現場・・・って感じの風景でしたが、・・いっぱい住宅があったそうです・・。

IMG_6297←高台から撮った写真、パノラマ合成してみました。
左の方に見えるのが仙台のビル群で、真ん中より右側の山みたいにみえるのは廃材の山です・・。 

IMG_6220コンビニが何件か・・・運転手さんのお話だと、コンビニは本社からたくさん人を派遣してすぐ復旧するようにしてたとか・・・。
自衛隊の方や県外の方がたくさん来ていたそうなので、助かりますね。

電信柱も全部ながされちゃったので新しいのを建てて、どうにか電気も先月?通ったとか。

人は少ないんですが、パトカーが幾台か通ってました。
今のは警視庁から、あっちのは京都県警から・・・いろいろな所から来てくれてるよ。って教えてもらいました。 

IMG_6229仙台空港。
当時はここの二階にたくさんの方が避難していて、近くの海自学校の生徒さんがボートで食料などの補給を行っていたとか・・。

今はところどころ封鎖しているものの、臨時便として動いているそうです。

仙台空港をぐるっと回って名取にもどってもらいました。
いたるところに「がんばろう東北」って看板があったよ。

TVで一部しか知らない現地の様子でしたが、タクシーの運転手さんという思わぬところから現地在住の方のお話を聞けました。
もう4ヶ月たって、あの時はまだ寒くて毛布の物資が足りない・・・と聞いていましたが・・・今は前ほど情報がほかの地方には回ってないので実際にみれてよかった。