元曲:もりのくまさん  歌とか全部:闇〜こ

もいっちょ!(・w・ノ
もともと怖いという「とおりゃんせ」です。
2番の歌詞(ここは冥府の細道じゃ〜ってやつ)があると知って、じゃ、じゃあ3番もつくってみようカナ!と思ったのがはじまりでした。
1.(※みんなご存知)
とおりゃんせ とおりゃんせ  ここはどこの細道じゃ
<天神様の細道じゃ>
ちっと通してく下しゃんせ
<御用のないもの通しゃせぬ>
この子の七つのお祝いに  お札を納めに参ります
いきはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも  とおりゃんせ とおりゃんせ

2.
こんな説もあるらしい)
とおりゃんせ とおりゃんせ  ここは冥府の細道じゃ
<鬼神様の細道じゃ>
ちっと通して下しゃんせ
<贄のないもの通しゃせぬ>
この子の七つの弔いに  供養を頼みに参ります
いきはよいよい還りはこわい
こわいながらも  とおりゃんせ とおりゃんせ

3.
勝手に創作)
とおりゃんせ とおりゃんせ  ここはだれの細道じゃ
<あの世につながる細道じゃ>
ちっと通して下しゃんせ
<命のあるもの通しゃせぬ>
この子の永遠の冥福に  この身を捧げに参ります
いきはよいよい還りはこわい
こわいながらも  とおりゃんせ とおりゃんせ
こわいながらも  とおりゃんせ とおりゃんせ
こわいながらも  とおりゃんせ とおりゃんせ
「子供をくちべらしした」という解釈にならって、3番は「子供の怨念を沈めるために母親も生贄になりにいく」とつなげてみました。